CHOYAをたのしむ

  • 全て
  • CHOYAでしあわせ時間
  • 梅レシピ
  • 梅活用法
ツイート | Facebookシェア | LINEで送る
お酒に関する情報を共有します。お客様は20歳以上ですか?はいいいえ
お酒に関する情報の共有は20歳以上の方に限られております。戻る
  • Facebookシェア

Vol.3 梅干しのつくり方

~お家でお手軽!簡単!おいしい!手作り梅干しレシピ~

 

材料・道具

下漬け・土用干し用

■ 梅の実・・・2kg

※梅干しには黄色く熟した梅の実を使います。
梅がまだ青い場合は室温で数日置き、黄色く熟したものをお使い下さい。

■ 粗塩・・・360~400g
■ 35度以上の焼酎・・・適量
● 容器(4~5リットル)・・・1個
● 重石・・・1~2kg
● ボウル・ザル
● 竹串
● ザル(土用干し用)
● 押し蓋・・・1個 (なくても可)

 

本漬け用

※紫蘇なしの梅干し(白干し)の場合は、本漬けをせず土用干しのみ行って下さい。

■ 赤紫蘇・・・400g~1kg(梅の20~50%)
■ 粗塩・・・80g~200g(赤紫蘇の20%)
■ 下漬けで出てきた梅酢・・・1/2カップ
● ボウル

つくり方

STEP1

下漬け:梅が出回る5月下旬~6月中旬頃

①容器、フタ、重石を水洗いします。
完全に乾かした後、焼酎で消毒します。

②梅のヘタを竹串で取り除き、水洗いしてザル等で水気を切ります。

※ヘタを取る時は梅が傷つきやすいので要注意。

※梅の水気をふき取ると酢上がりが悪くなり、また雑菌がついたり実を傷つける原因になります。

③まんべんなく塩をまいた容器に、梅と塩2/3を交互に入れ、一番上に焼酎をまいてから残りの塩を均一に入れます。

④押し蓋をし、重石をのせ、容器に蓋をして(ポリ袋や新聞紙等で可)、冷暗所で約1か月保存します。

STEP2

本漬け:赤紫蘇が出回る6月下旬~7月上旬頃

※紫蘇なしの梅干し(白干し)を作りたい場合は土用干しに進んで下さい。

①赤紫蘇を水できれいに洗い、よく水気を切ります。

②ボウルなどの容器に、赤紫蘇全量と塩1/2を入れ、全体に馴染ませてから両手で押すようにしてよく揉みます。 赤黒く濁ったアク汁が出てきたら、手できつく絞ってアク汁を捨てます。同じ作業をもう一度繰り返します。

③アク抜きした赤紫蘇に梅酢を加え、もみほぐします。

④下漬けした梅の上に隙間なく入れ、押し蓋と重石をもどして冷暗所で保存します。

STEP3

土用干し:梅雨明け後の7月中旬~8月上旬頃

①晴天の続きそうな日を選び、3~4日天日干しにすると出来上がりです。

※天日干しは昼間だけ行い、夜間は屋内に保管してください。

②梅干し、梅酢、赤紫蘇は別々の容器に入れ、冷暗所で保存しましょう。

一覧に戻る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。飲んだあとはリサイクルへ。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。 / Copyright © CHOYA UMESHU CO.,LTD. All Rights Reserved.
ページの先頭へ